猛暑や台風の襲来など気象に翻弄される中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は前大会から変わった点をお知らせしたいと思います。

・前回よりちょっと参加賞を頑張りました!(後日新着情報でお知らせします。)
・前回まで片側のみ車両通行止めとしており、反対車線を車両が走行するなど危険を感じる部分があったかと思いますが、警察署からの指
 導により今大会から全面通行止めとし、コース内に一般車両が入らないようにしました。
・従来の一般道をコースとして全面通行止めを実施すると多大な影響があることから、協議を重ねた結果、九州初の試みとして開通後の南
 九州西回り自動車道をコースに組み込むことになりました。
・コース沿線の立哨をボランティアで行っていましたが、昨今交通事故が多発していることからその危険性を鑑み、立哨を警備会社に委託
 することにしました。
・前回はコースの一部に信号で競技を中断させられる箇所がありましたが、今回はありません。
・前回までコースの一部が未舗装で、足腰へのダメージがハンパなかったと思われますが、今回は全て舗装道路です。
・AEDの配置、モバイルAED隊やメディカルランナーの配備など、救護対策を充実させました。
・新設コースとなるため、フルマラソン男女は優勝タイムが新記録となり、それぞれMCCから賞金が授与されます。(最高100万円!)
・コース変更に伴う計測のし直し、警備会社への委託、救護体制の充実など経費の増加を参加料へ転嫁せざるを得ず、フルマラソンの参加
 料を4,500円から10,000円へ変更しました。
・交通規制時間の関係から、フルマラソンの制限時間を7時間から6時間としました。また、同様の理由により関門を2箇所から5箇所に
 しました。
・コース変更により陸連公認コースではなくなりました。

良くも悪くも色々変わりましたが、変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。