本大会は、1986年度に第1回大会をツル観察センター周辺をコースとしてスタートしました。1993年から公認コースとなり、数回のコース変更を経て31回開催してまいりましたが、このたび実行委員会での慎重な協議の結果、やむを得ず大会が終了することとなりましたので、慎んで御報告申し上げます。
 協議の経緯について申し上げますと、これまで県内外、国外から多くの御参加をいただき、皆様から愛された大会でしたが、市街地の状況等も様変わりし、警察をはじめ関係者の皆様と協議を重ねましたが、ランナーの安全性が担保された新たなコース設定について困難であるとの決定にいたりました。
 また、第31回大会は、ランナーの安全性確保と警備費用抑制の観点から高速道路をコースとして開催しましたが、現状において緊急車両の走行を考慮しますと、高速道路を利用したコースについても設定は困難となりました。
 さらに、新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに基づきますと、警備費用や感染対策経費の増大、市民による私設エイドの禁止、沿道での応援自粛など、マラソン大会の醍醐味である市民との交流、ふれあいも制限されます。
 このようなことから、2年近くの関係団体との協議結果に基づき、実行委員会を開催し、誠に断腸の思いではありますが長年続いた大会を断念せざるを得ない結果となりましたことについて、何卒御理解を賜りたいと存じます。
 これまで、大会を御愛顧賜りました多くの皆様をはじめ、大会運営に御尽力いただいた関係団体の皆様、また御協賛いただいた皆様、長きにわたり大会を支えてくださいましたボランティアの皆様に哀心より深く感謝申し上げます。
 引き続き、後続の新たなイベントにつきましても関係団体の皆様と協議を進め、様々なイベントが開催される10月から11月にかけて、既存の観光資源と体験型イベントを連携させ、多くの方に出水の魅力を満喫していただける宿泊や滞在につながる事業について、令和4年度実施に向けて協議しているところです。改めて御案内したいと存じますので、今後とも変わらぬ御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

出水ツルマラソン大会会長
 出水市長 椎 木 伸 一